揺れるように

ソロ活動の記録とひとりごと

総取っ替えの結果

 

 

 

前の記事にもずっと書いてるけど、基礎化粧品からメイクアップツールからコスメから服からもうかなりの総取っ替えをやってます。

なんかね、今までも楽しく服を着てお化粧や美容をやってきたけどいまいち自分に合ったことができなかったなあって思って、反省しながらやってます。

歳を重ねてバージョンアップも必要だし。

 

で、その結果、ちょっと褒められちゃいまして。

まあ、あの、セールストークだとはわかってるんですけど、自分なりに方向転換してよかったなって感じました。

よかったね、うん。

 

髪型も変えたんですよ。

ちょっとだけ長くしました。

思い切りました。

見た感じを変えたくてめっちゃ頑張ってもがいて、変われました。

一昨年と去年にダイエットでもなんでもなく体重が減ったのも大きかったと思います。たまたまなんだけども体が変わって、いわゆる「細い女の子」になって、じゃあせっかくだから服とかお化粧とかも変えてみようってめちゃくちゃ頑張って、結果、変われました。変わりました。

前述の女の子っていうのはメンタリティのことなので、年齢は関係ないことをご承知ください。

 

私がなんかやったところで特に変わらないし、変わっても別に何も変わらなくない?って心の底で思い続けてたことに気づきました。

もともとお化粧は好きだったけど、スキルアップとか自分に合うお化粧の研究をやろうとは思ったことがなかったんです。

服もそうでした。いいと思ったらこれがいい、っていう気持ちで選んでました。けど顔に合ってない服をずっと着てました。

でもやめて、着たい服の中から自分がかわいく見える服を選ぶようになりました。

服に毛玉がついてないかとか、ホコリが付いてないかとか、シワになってないかとか、気にするようになりました。

人としてのスタートラインに立つの遅くないか?!と思いますが、それは病気の影響もあったと思います。客観的に物事を見れなくなっちゃう病気ですからね。

 

とにかく、なんかもう変わりたくて変わりたくて、体型が変わったのをきっかけに変えていきました。

そしたら、私の小さなひとつひとつの積み重ねで大きく変われることが分かって、今とても満足できる見た目になれています。

 

 

「私が何か変えても何も変わらなくない?」

ということを心の底でずっと思ってたけど、変わります。自分が変わります。

自分が見た目にちょっとでも自信を持てるようになったら、自分のことを好きになれるし、大切に思えるようになります。

自分のことをぞんざいに扱う人と離れたくなりました。

あと、自分の顔と服を変えることで、ちょっとの散歩やお出かけでも周りの雰囲気に気後れしなくなったというか。

「みんな綺麗にお化粧してて羨ましいな、私はダメだから恥ずかしいな」から「どうやったらあんなふうにお化粧できるんだろう…私もやってみよう!」に変わりました。

最低限だけど、見た目を整えることで少しずつ意識も考え方も自分に対する気持ちも変わってきています。

 

 

綺麗になることで他人から得られるものはまだ実感したことないけど(できればそういうのはこれからも実感したくない…ネットでそういう話を見るたびに怖くなっているので…)、自分の中にあった「こんな高い化粧品使っても…」「こんなケアを毎日やっても…」みたいなウジウジ虫のような気持ちが吹き飛んでいった。

自分に手間をかけることや、自分のために毎日肌の手入れをしたりすることが全然無駄じゃなくなって、意味のあるルーティンに変わっていきました。

まだウジウジ虫な私は心のどこかにいるけど、それでも少しずつ小さくなっていて、やってみたら案外できるもんだなっていう気持ちになっています。

 

 

ハードルが高いなって思っていたことを今ひとつずつこなしていってます。

お金はかかるけど、全然無駄じゃない。

やらずにウジウジしてるより、やって実感するほうがずっといいって今は思います。

 

 

私は10代と20代後半の半分くらいを病気に蝕まれてしまって、人よりこういうキラキラを得るのが遅めですが、それでもひとつひとつやってみて実感して見た目が変わって、最後には少し自信が持てるようになって、というのを実感しています。

すごいね、変われるんだ。

私でも変われた。

変われるんですよ。できるんです。

 

 

ちょっとずつ、自分のことを大切に思えるようになってきました。

ちょっとずつなんですけど。。

自己肯定感が地に着いてるような人間だったのが、ちょっとずつ上がっていってるのを感じます。

貶し愛+褒めない親の元で育って、自己肯定感がゼロ以下だったけど、自力でなんとかしたいと思って、見た目を変えるのもその一環になったかなと思います。

なにごとも諦めたらダメだ。

諦めたら終わりだって強く思います。

諦めないでいたら終わらないでいられるから、わたしはまだまだ自己肯定感を作るためにもがいたり足掻いたりします。

見た目を変えるのも中身を変えるのも、親から与えられたものとは別に自分で作ります。

 

 

 

まだ完全に自信を持てるようになったわけじゃないけど、いつか7割くらいの自信を持てるようになってればいいなって思います。

 

 

 

おーい!わたし!変われるんだよー!

中身も見た目も!コンプレックスだった肌も!

変われるよー!変われるんだよーー!!!