揺れるように

ソロ活動の記録とひとりごと

「好き」の汎用

 

 

 

 

「好き」という言葉を使うと、いかにも特別な人に対する特別な言葉のように感じるけれども、私みたいに広い意味でいろんな人に「好き」という言葉を使う人もいる。

 

私の中の好きは、重みのあるものから半紙より軽いものまで様々で、それをひとくくりに「好き」という言葉で表すので相手と気持ちの面で段差ができてしまう。

その段差のような誤解をどう解いていくか、そもそも段差ができないようにどう伝えるかが課題なのだけれども、多分無理なことはわかっている。

私は「好き」という言葉以外での表現方法を知らなかったり、どんな言葉なら納得して使えるだろうと考えても「好き」に帰結してしまうところがある。

どんなにふさわしくない立ち位置同士でも、好きは好きで、それ以外にしっくりくる言葉が自分の中にない。

好きは好き。でもそんな、大げさなものじゃない。

勘違いされても仕方がないけれども、それでもやっぱり相応しい言葉が見つからなくて「好き」って伝えて段差ができて、それの繰り返しで、異性にも同性にも、私の温度で物事を伝えるのは難しいな、と思う。

 

誰かのことを褒めるときも、いいなと思ってそれを伝えるときも、そういうところが好きだと伝えるときも、相手に伝わった瞬間にそれが形の違うものに変わってしまう現象を何度も体験して、一体どうやったらこれを防ぐことができるんだろう、と悩んだけれども、最近は、「防ぐのは無理かな」ということにたどり着いた。

そもそも人間なので、褒められたいとか、それいいねと言われたいとか、好きだって言われたいっていう気持ちってわりと皆持ってるもので、そこにカチッとハマる言葉を汎用する私に問題があるんだよな、と。

もっと言葉の使い方を考えたい。

特に女性は、褒めたり話を聞いただけでヘビーな話をしてもOKなんだなと勘違いしてしまうらしく、いきなり身の上話が始まったりするので、言葉に気をつけようと思う。

 

でも、好きが一番しっくりくるし、それ以外の言葉を使っても、今度は私の方に段差ができてしまう。

女性でもこの感覚が理解できない人は、友達や知り合いとして好きだという意味で話していても「付き合えばいいのに」とか言うから厄介なんですよね。。

人間愛を知らないのか。

意外と皆、特別な時にしか好きって言わないんですね。

 

私の「好き」は、意味が広いからあまり間に受けないでもらいたい。

もっと言葉を知れば解決するけれども、知ったところで結局「好き」という言葉に戻ってきてしまうと思う。

私から発される「好き」という言葉にそんなに重い意味なんてなくて、ツイッターのいいねくらいのものなので、あまり重く受け止めずに流してもらいたいと思う。

人と接していて思うのだけど、意外と皆、褒められたいし認められたいし、話を聞いてもらいたいし好かれたい。

それは別にいいんだけど、相手からなにかやってもらう前提で自分の機嫌をとる人が多くて、そういう人には私の感覚で好きとか言ってはいけない

話を聞いてもらったり、褒めてもらったりすると、機嫌がよくなるのは分かるけれども、それを求めて私と会う、となると話が違うし、こちらまで闇に引きずり込まれそうな話が始まることが大半だ。

あまりよく知らない人に、自分の感覚で接すると、人間関係事故を起こしてしまうことが多い。

今年はなるべく人間関係事故を起こしたくないので、ブロックする方法を身につけていきたい。

 

私の場合は「好き」を汎用していることと、人当たりが異様によくてわりと誰とでも喋れてしまうことが、吉と出ず凶と出まくっている気がする。

あまりよく知らない人のことを褒めたり話を聞いたりするのは、今年はお休みしよう。

と言っていても接客業根性が染み付いていて無意識にやってしまいそうだけど。。

 

私の言うことや、「好きです〜」みたいな言葉に意味なんかないので、そういうデカいプラカードを首から下げて人と接したい。

コミュニケーションがある程度誰とでも取れるのはいいことだけど、それで本人が嫌な思いをしたり消耗する機会が多すぎると、それはもう長所ではないし、長所だとしても生かせてない。

自分の周りの人の様子を見て、ブロックしてもいいところを学んでいこう。

それを身につけて初めて真のコミュニケーション上手だと思う。

 

こういう自分の上辺のトークだけで気分が良くなる人が当たり前にたくさんいるというのは、なんというか、日本人大丈夫なのか、現代人大丈夫なのかと疑ってしまう。

皆、自分で自分を癒せず、癒してもらえず、癒されたいんだなあ…。でもそれは私の役目ではないんだよなあ…。。

こういうことが多々あると、人間なんて、満たされないものの集合体なんだろうなと思う。

承認欲求が強めの女性に注意です。