揺れるように

ソロ活動の記録とひとりごと

お洒落で可愛い

 

 

 

 

最近はずっとデニムに薄いニット、丈が短めのピーコートにマフラーかスヌード。足首まで隠れるブーツ。

そういう出で立ちで家の近くを散歩したり、少し遠くへ歩いて行ったりしている。

一昨年と去年の冬に買ったワイドパンツやオールインワンなどのお洒落着は、人と会う時にしか着ていない。

 

お洒落で可愛い、は、心身ともに健康であることを前提とされている服装だと思う。

お洒落で可愛い格好をして、今の、心身ともに磨耗している私でいられるかというと違った。

体の冷えや足元のおぼつかなさ、注意力散漫で集中力もない今の私には、スカートやワイドパンツやハイヒールなんかの「お洒落で可愛い」は、とてもじゃないけれども、危なっかしい。

いつどこで何があるか分からない。

何があるか分からないから、本調子ではない今は、何かあった時に走って逃げられる格好をしていたい。

 

ということで、スタイルが良く見えるデニムを購入。

セールで半額だったのと、履いてみたかったメーカーの物でたまたまサイズがあった。

極端に痩せてから、ネットでしか服を買えなくなってしまった。

ごくたまに、実店舗にあるサイズがちょうどいいことがあるけれども、もうほとんど、今の私にちょうどいいサイズの服はネット上にしかない。

住んでいる場所がまあまあ田舎なのも関係していると思うけど。

でもほんとに、極端に痩せてしまってからは、ネット通販のありがたみをひしひしと感じている。

服を買いに行く服がない、という言葉があるけれども、これもそのうち死語のようになるんだろうか。

自分の体のサイズさえ分かっていれば、好きな色の好きな柄の服を親指を動かすだけで買える時代がきている。

 

 

また元気になったら「お洒落で可愛い」をやってみるけど、今はもう、ちょっと無理だ。

最低限の装いで外に出ることで精一杯。

お洒落な人を街中で見かけるたびに「あっ、かわいい」と思う。

けれどもその可愛いは、適度な露出や歩きにくい服と靴で作られていて、そういうのは今の私には無理なことを痛感させられる。

あと少しで二十代が終わるというのに、残り少ない二十代をなぜ精一杯着飾ることもできないのだろうかと悲しくなることもある。

 

 

また元気になったらいろいろやればいい。

元気になるまでは、デニムやらスニーカーにこだわってみればいい。

元気がないときは元気がないときで、こだわったら楽しいことがたくさんある。

そのままの姿でいても、スカートを履くようになっても、きっと私は私の選んだ可愛い服を着るんだし。

 

しかし、デニムにニットの生活を続けているけれども、ラクだね〜。

お洒落できないのが歯痒いとは言えども、この楽ちんさよ。

最低限の装いで身軽に自分を楽しめるというのは意外といいことなのかもしれない。

身だしなみを整えるのは最低限の相手へのマナーだと思っているけれども、その最低限が守れていれば、私ももう無理にスカートやパンプスを履くのをやめてみてもいいかなという気持ちになってくる。

まあ、人と会う時の戦闘服と私生活の実用服を分ければいい話なんだけど。

デニムにスニーカーも、スカートにパンプスも、どちらもいい。

これからの理想は、戦闘服を何パターンか持っておいて、実用服にこだわること。

私生活を大切にすること。

スカートを履いていても、デニムを履いていても、私は私で、外の包装紙の柄で対応を変えてくる人間なんてお断りだ。

でもまあ、最低限やってないと男性も女性も露骨に扱いが変わることがあるので、ほんとに最低限はやります。

男性で服に興味がない人はギリギリ許される感じがするのに、女性で服に興味がないとアウトな感じになってしまうのはなぜなんだ。

なぜなのか分からないけれども、それは昔からずっと感じていて、服に興味がない男性も女性も知り合いにいるけれども、見た感じ、女性のほうが世間からズレてる感じが強い。

あれはなんなんだ。

話が変わってしまったけれども、ほんとにあれはなんなんだろうか。

女性のお化粧やお洒落は必須科目ではないのに、やらないと周囲の人間からの扱いが変わったり、世間からズレている感じがする。

ほんとにあれはなんなんだ。

私も同調圧力に知らぬ間に飲み込まれていたのだろうか。

 

 

だらだらと書いたけれども、とにかく病状的に着飾っている場合ではないので、デニムにスニーカーを極めますよ、と。

なんかシンプルで色が濃くて脚が綺麗に見えるデニムを探し当てようと思う。

人生で一回、すごくお高いデニムを履いてみたかったので、今この機会にやってみようかなと思っている。

なんだかんだで痩せたしな。今、成人してからの人生で一番痩せてるし。過労痩せとはいえ楽しまないとな。

痩せてからシンプルな格好でもそこそこいろいろ大丈夫なので、「これが、痩せたらあえてのUNIQLOってやつか…!!!」と実感している。

まあとにかく、私の意思とは反するけれども痩せましたので、シンプルなデニムで生きてみたいですね。

せっかくだしちょっとデニムもこだわりましょうね。

今までなんだかんだでGUのデニムが一番履き心地が良かった人間だから、お高いデニムってどんなもんよという気持ちですよね。

 

 

お高いデニムを履いてみて何を感じたいのかというと「GUのデニムと何が違うのか」です。