揺れるように

ソロ活動の記録とひとりごと

自宅療養がつらい

 

 

 

 

 

私は元来、働くことが大好きである。

与えられた役目を全うしてお金をいただくという、「労働」というやつが、大好きなのである。

まあ、だからいつも倒れるまでブレーキが踏めないというのもあるので、善し悪しはその時の私にしか決められない。

働くことが大好きなので、自宅療養がめちゃくちゃつらいタイプである。

 

これまで生きてきて、自宅療養期間は2回ある。

1回目は倒れてドクターストップがかかり、そのあと年単位でドクターストップが解けず療養することになった。

2回目の今も、倒れたのと、限界まで痩せたので自宅療養に切り替えた。

私が倒れるまで働いてしまう原因って「つらいんだけど仕事が楽しい」というのがある。

そう、働くというのは基本的にはつらいこととされているのだけど、私にとってはとても楽しいことだったりする。

職種を選べばの話かもしれないけれど、ありがたいことに好きなお仕事をさせてもらえる機会が多かったので、労働自体を苦に感じたことは今まであまりない。

楽しいからやめられない、そうなると周りの人も「まあ大丈夫か」という認識になり、倒れる前の兆候の発見が遅れ、自分でも「まだいけるいける」という気持ちになり、気付いた時には横たわっていることが多い。

私自身もさすがに2回も倒れたので、もうそろそろ学ぼうという気持ちである。

 

こういうタイプの人間なので、基本的に自宅療養がめちゃくちゃつらい。

自宅療養しなくてはいけないほど障害が悪化しているにも関わらず、求人サイトを徘徊してしまう。

心の根っこにある「働きたい」という気持ちが貪欲すぎて、ちょっと自分でもキモチワルイ。

 

家族に「宝くじの一等が当たったらどうする?」と聞いたとき「東京の一等地にマンション建てて家賃収入で働かずに生きていく」という答えが返ってきたとき、世の中の人間って働きたくない人の方が多いんだなと感じた。

私の方がレアなのかもしれない。

私はできるだけたくさん働きたい。

仕事をするということがとても好きだから。

好き。仕事。お仕事。だいすき。だいすき。

でも、できない。働けない。自宅療養。

…めっちゃつらい。

 

めっちゃつらい。

 

今も、「仕事はそんなに焦らなくていい」とお医者さんから言われるほどには、働きたい気持ちがある。

体が壊れてもなお労働を求める自分が怖い。

休む時は休む、適切な休息と療養、というのができなさすぎて凹む。

・・・働きたいんだよ!!!!!

 

 

 

世の中うまいことできてないなあと思うことに、「私のブランクやリタイアが多い人生が、休み休みやりたい人に配置されていないこと」がある。

休みたい人、働きたくない人ほどよく働いてないですか?私の周りだけ?

私はできるだけたくさん働きたいけど障害があって無理で、そこのところうまくできてないよなあと思う。

障害はいらないだろうけど、ほんといつでも変えるから言ってほしい。

 

初めてバイトをした時に、バイト先の店長から「働くって思ったより大変でしょ?」と声をかけられたことがある。

「はい」と表向きは答えたけど、働きながら常に「思ってたより楽しいなあ」と思っていた。

若い頃から兆候があるな。

 

 

とにかく自宅療養がつらい。

早く働けるようになりたい。

次の就活では職種を大幅に変える予定なので、「あげみざわ」というやつである。

前の職種も好きだったけど、新しく好きな職種ができることが楽しみで仕方ない。

次はどんなところで働きたいのかを考えていると、楽しさでハイになって「もう働いてもよくない?」という錯覚を起こすのであまり考えないようにしている。(まだ働いてはいけない…つらい)

 

次の職場でも仕事が楽しくてあげみざわな毎日を送って、職場に行くと好きピがいる生活だといいな、と思う。

ずっとそうやってきたから、いい流れだけはこれからもそうであればいいなと思う。

もう前の業種で働けないのは悲しいけど、次の業種もあげみざわであればいいなとおもう。

前の業種は私の中ではかなりのあげみざわだった。

未だに好きすぎて辞めるのが悲しいけど、もうできないので仕方がない。

前の業種はわりと好きピが多い職場で働かせてもらえていたから、転職があって職場が変わっても悪い人に当たらなくても楽しかったんだよな。。

 

はやくあげみざわになって働きたい