揺れるように

ソロ活動の記録とひとりごと

いろんなことが五周年

 

 

 

今年は実は私にとって「いろんなことが五周年」のハッピーイヤーだったりする。

継続は力なり。

まさかあんなこともこんなことも五年も続けられるなんて思いもしなかった。

コツコツやってきてよかったね〜。

 

まず禁煙。

これはほんとうに、仲間内でも私が一番煙草をやめられそうになかったので、未だに自分でもびっくりしている。

アメトーークの禁煙辛いよ芸人の回で、宮迫さんが三年禁煙をしているということだったのだけど、私にとっては「三年も禁煙してるなんて凄すぎる」という感じだったので、まさか自分が五年も禁煙できるとは思ってもいなかった。

禁煙してよかったことは山ほどあるし、関ジャニの村上さんが言うように「クズが一歩人間に近づいた」感はあるけど(もともと煙草なんて吸わなければいいだけの話だしね)人間に近づけて私は嬉しい。。

もう煙草を吸いたくないと思っているし、勧められても断るし、今から煙草を吸いたい人はなるべく止めるようにすると思う。

煙草、子を産んでもやめられない友達がいて、ニコチンって毒物なんだなあ、依存症なんだなあって改めて思っている。

 

禁煙してからなんとなくいろんなことを律したくなり、家計簿をつけ始めた。

なので、家計簿も五周年。

素晴らしい。

病気の関係もあって金銭管理が杜撰すぎて、そういう自分が嫌で家計簿をつけ始めたのだけど、なんとか五周年。やったね。

この五年でかなり金銭管理ができるようになってきた。

継続は力なりです。ほんとうに。

本来なら家計簿をつけなくてもやりくりができたらいいのだけど、それはさすがに病気もあるし無理だなと思います。

多分やめたら一発でお金の管理ができなくなるので、これからも続けていきます。

私の周りの人はみんな家計簿がつけられなくて、レシートを写メするだけの家計簿すら続かない人が多いから、マメだからできるんだよね〜って言われるんですけど、ただ単に金銭管理ができないからつけてるだけで。

そりゃあなたたちみたいに家計簿なんかつけなくてもプラスになるなら私もつけんわい。みたいな感じ。

社会保障のお金だし、堅実に使っていきたいですね。

 

禁煙して家計簿もつけて、まあまあ人間に近づいたんじゃないかと思います。

実際に少しずつ貯蓄もできるようになってきたし、これは確実に進歩です。

あとは体と心を元気にして、無理のない働き方を探して。

マイペースにコツコツやっていこうと思います。

 

 

 

キラキラした世界で承認欲求を満たして自己肯定するのも方法としてはアリなんだけど、私は地道にコツコツやることを選んでいて、私にはこれが合うなって体感できた五年でした。

いいねとか、タイムラインとかで満たせるものもあるとは思うけど、私はそうじゃない方を選んで、側から見たら馬鹿みたいに地味なことしかやってない。

でも、それがよかったんだと思う。

地道にコツコツやるのは私にとても合っているし、少しずつ土台を固めることで「これならできる」って自信もついてくるし、一回固めた土台は崩れにくい。

小さい頃から心を振り回されて生きてきて、こういうことをやったり考えたりする暇がなかったけど、大人になって少しずつ取り返せてきてると思う。

まだまだ生きててよかったとは思わないんだけども、これの積み重ねで、五年後、十年後にまた色々できることが増えてて、生きててよかったなって思えたらいいなと思います。

人間としての生活どころじゃなくて、自分を疎かにして学校に通ったり働いたりしてきていて、今足りないものが次々見つかったり、慢性疾患が見つかったりしている。

そこはまた、今から上手く付き合っていって、足りないものは努力して穴を埋めて、まず自分ひとりで「この世界のことも自分のことも好きだよ」って思えるところまでは頑張ってみたいと思う。

人にやってもらうのも手だけど、私は自分でやることを選んだから、とことん向き合って頑張り切ってやろうと思う。

自分を救えるのは自分だけだと思うし、他人に任せたらその人がいなくなった時にぽっかりと穴が開いてしまう。

まず自分を救って、その後にその後の人生のことを考えたい。

自分を救うためにも、禁煙とか家計簿とかはこれからも続けて、自分を律していきたいです。

 

よくがんばりました!💯💯💯💯💯